第3回 ポリミリ・ゲーム概要説明会「ラップアップ・プラス」開催のご案内

第2回ポリミリ・ゲームの模様

日本外交政策学会の重要なミッションであり、定期催事でもある「ポリミリ・ゲーム」の第3回が5月27日(月)開催されます。
これは、政治家や外交専門家が多数集い、それぞれが日本(官邸)やアメリカ、中国など主要国の政権メンバーとなり、設定された特定の有事などが起こった際にどのような判断や対応を行う、他国とどのような交渉を展開していくのかを実践形式でシミュレーションしていくというもの。そこで導き出された結果から、学会として政策提言等をしていくという重要な機能を持ちます。

もしもブラックアウトに襲われたら……

5月27日に行われる第3回の「ポリミリ・ゲーム」のテーマは「ブラックアウトシナリオと国民保護」。
台湾有事発生とともに、日本に起こり得る脅威、それがサイバー攻撃によって配電網を麻痺させられるという「ブラックアウト」。それが起こったら、携帯などの通信、交通機関、銀行、コンビニなど重要インフラがすべて麻痺してしまいます。
特に軍事的要点となりえる沖縄や九州地方は、そのターゲットになる可能性は低くありません。もし「沖縄と九州の重要インフラをねらったブラックアウトが起きたら……」。
日本・米国チームと中国・北朝鮮チームにより、リアルかつシビアなシミュレーションが展開されていきます。

苫米地会長による解説動画

苫米地会長、川上理事長らによるポリミリ直後の最新報告

さて、このポリミリの成果をいち早く報告し、ディスカッションする概要説明会「ラップアップ・プラス」を、学会員を対象に同日に開催いたします。

苫米地英人会長、川上高司理事長ほか、ポリミリ参加者が登壇し報告をしますが、国内では初めて行われる同テーマによるポリミリの成果は、今後の安全保障、そして国民保護政策を検討する上での重要な材料となります。

学会員の皆様においては、ぜひ積極的に参加いただき、外交・安全保障の専門家たちの知の結晶を得ていただくとともに、今後の議論、実践的活動に活かしていただければ幸いです。

  • 日時:令和6年5月27日(月) 18時〜19時30分(受付開始17時30分)
  • 場所:衆議院第一議員会館(開催会議室など詳細は参加者にお知らせします)
  • 参加費:1万円  ※日本外交政策学会会員である必要があります参加希望の方は、まずは学会員への登録を御願いします。詳細はこちらから。
  • 特典:第2回ポリ・ミリゲーム報告書を謹呈

お申込みは、以下のページから、機密保持契約に同意していただいた上、お名前(会員名)とメールアドレスをご記入ください。おって、支払い方法など詳細をご連絡いたします。

お問い合わせは、pr@jfpc.siteまで御願いします